橋本りんな ブログ

塗り絵、読書、日々の出来事で思ったことや感じたことを自分の言葉で発信します。

<読書> 苦しいけど読後に勇気づけられる物語 流浪の月 凪良ゆう

今回は、本屋大賞を受賞した『流浪の月』を読んだので感想を書いていきます。


目 次

読もうと思ったきっかけ

   やっぱり話題になっているということもあり、気になったから

  • 表紙が、可愛いし、おしゃれだったから。
  • 全国の書店員さんの感想書いてある無料で貰える、書店員さんコメント応援ペーパーという読んで気になったから。

『流浪の月』の感想


文と更紗は、本人たちにとっては、普通に生きてるだけなのに他人が決めつけてしまうのはどうなのかなぁって思いました。



悪気がなくて心配して言っている言葉だってことは分かるけど、その言葉によってつらくなって生きづらくなっている人も今はたくさんいると思います。


更紗の両親やランドセルではないっていうことをおかしいって考えはちょっと考えが狭いかなぁって思います。



小学生はランドセルが一般的だけど、違うバッグで来てても責めることではないと思うし、誰にも迷惑かけていないんじゃないかなぁと思いました。

決めつけや偏見は怖いなぁと思いました。

更紗や文の何を知っていて言っているんだろうと怒りや悲しみが混じった感情になりました。

常識も大切だけど、迷惑かけなければ、自分の思うようにやるってことも大切なんじゃないかなぁと思います。



この物語を読んで、価値観や幸せは人それぞれで正解もないし、
理解できないことだからって責め立てることでもないし、不快に思うなら関わらなければいい話なのではないかなぁと思います。


物語を通して日常生活を少し見直したり、色々な考え方があるんだなぁと改めて知ることができるので私は読んで良かったなぁと思います。


当たり前だと思っていたダラダラ、ゴロゴロとできる、のんびりできる場所があるだけでも幸せなことだと気づきました。


苦しいと思う場面もあるけど、私はこの物語好きです!



明るい話ではないし、内容が重めの物語なので好みが分かれると思うので、誰にでもおすすめ!とは言えないですが、読んでみてほしいなぁと思います。


f:id:rinna625:20200509232250j:plain


<読書> 水晶庭園の少年たち 翡翠の海 蒼月海里

お久しぶりです。


家にいる時間が増えている今だからこそ…


家にいる時間が増えている今だからこそ、読書をして過ごすのがいいかなぁと思います。



読書は、現実では体験できないようなことができたり、

色々な考え方があるんだなぁと改めて感じることができるのかなぁと思います。


物語の中に出てくる人物と自分を重ね合わせて、読んでみたり

重ね合わせて読むことで、救われたりする場合もあるかもしれません。

私は読書をしていて救われたって思った本がかなりあります。


なので色々と不安が多い今だからこそ読書をしてみたらいいかなぁと思います。




鉱物を楽しく学べる物語

f:id:rinna625:20200412034229j:plain


今回は、蒼月海里さんの「水晶庭園の少年たち 翡翠の海」を読んだので感想を書いていきます。

今回読んだ本は2巻で、1巻はこちらです。

rinna625.hatenablog.com

まだ読んでない人は読んでみてください。



今回読んだ2巻では、蛍石(ほたるいし、けいせき)の愁い 桜石(さくらいし)の思い出 翡翠(ひすい)の海  の3つの物語です。



その中でも私は「翡翠の海」がお気に入りです!

翡翠5月の誕生石です


緑が一般的ですが、同じ翡翠でも色が違うものもあると知ってびっくりしました。


翡翠や水晶ならイメージできるけど、知らない石の名前も出てきて調べながら読み進めました。

読めない漢字や、言葉の意味を調べることはあっても、石などを調べる機会はあまりないのですごく楽しかったです(^^♪


f:id:rinna625:20200415184754p:plain


樹が、鉱物を学んでいくとともに、私も色々な鉱物を知ることができて、すごく良かったです!

鉱物のことも知れて、読み終わった後に優しい気持ちになります。



イメージだと雫が本当に可愛くてかっこいいイメージなので出てくると安心します(笑)


3巻も発売されているので楽しく読み進めていこうと思います。



安心できる居場所がここにある。/ どうかこの声があなたに届きますように 浅葉なつ

今回は、浅葉なつさんの『どうかこの声があなたにとどきますように』を読んだので感想を書いていこうと思います。


f:id:rinna625:20200219153339j:plain


声だけだからこそ伝わるものがある



読もうと思ったきっかけ

  • 表紙が気になったから

 (声がとどきますようにっていうタイトルなのにマスクしてる矛盾の表紙だったから。)

  • タイトルがすごく素敵だなぁと感じたから

「どうかこの声があなたに届きますように」はこんな人におすすめ

  • 悩みがある人
  • 褒めてもらいたい人
  • 元気になりたい人


読んだ後に安心できて温かい気持ちで生きていけるかなって思いました。


感 想

私は、あまりラジオを聞かないのですが読んでいて面白かったです!


f:id:rinna625:20200228194539p:plain

とある事情から地下アイドルを辞め、顔出しNG、名前を変え、

新たな芸名「小松夏海」としてラジオ局のアシスタントとして、悩みを抱えている人々に元気や勇気、時には、褒めまくりのコーナーをやったりと楽しいラジオ番組。


褒められたい

やっぱり何歳になっても褒めれると嬉しいし、自信にも繋がるし良いこと尽くめだと思います。


こんなふうに顔が見えなくても、声だけで勇気を貰ったり、褒めてもらえたりするのは面白いし、楽しいのかなぁと思いました。


それに、勇気を貰ったりするだけではなく、夏海を応援したり、励ましたりしているのは、すごく良いことだなぁと感じました。

<助け合いってすごく素敵で、自分ができることは小さいことでも、やるのとやらないのでは全然違うなぁと思いました。


できることをやり始めるのが大切。

f:id:rinna625:20200229215437p:plain



居場所を作ることが大切!


居場所を作ることが大切だなぁと思いました。

職場でも、学校でも、家でもどこでもいいから、罪悪感なく安心できる場所があるといいなぁと思います。


この物語の夏海は、祖母の存在が大きかったかなぁと思います。

上手く行かなくても帰ってくれば大丈夫って思える場所があれば自信をもって思いっきりできるんだなぁと思いました。



不安や悩みがない人なんていないから。

幸せそうに見えても悩んでいるのかもしれない。



生きているだけで偉い。認めている人も必ずいるから
生きてください。



<塗り絵完成> おもしろ動物園/ おしゃれで可愛い!/ お気に入りの塗り絵になりました!


久しぶりに、塗り絵をしました!

本当に久しぶりに塗り絵を完成できたので嬉しいです。


目 次

塗り絵ができてなかった。

塗り絵ができなかったといっても、塗り絵をやりたくて少しずつ進めていたものもあるのですが

集中力が続かず、こっちも、あっちもと手を出してしまい、完成まで時間がかかってしまいました。



集中力が続かないわけは

  • 他にやりたいことがある。
  • 悩みごとがある。

どちらか、なのかなぁと思います。


私はやりたいことが沢山あって焦っていたのかなぁと思います。

1日にやれる数はそんなに多くないから、優先順位を決めて無理なく楽しくできればいいなぁと思って始めたことがあります。


それはまた別にブログ書こうかなぁと思っています。



かめいち堂さんの塗り絵

今回は、そんなに色合いを考えなくても素敵にできる塗り絵を塗りました。

かめいち堂さんの『おもしろ動物園』を塗りました。



塗り絵なのですが、色を塗らなくても可愛くて素敵で塗るのが楽しかったです。


元がすごく綺麗なので少し色付けする感じであまり深く考えないで塗ることができました。




色鉛筆で

今回は、柄が細かい部分もあるのでトンボの色鉛筆で塗りました。

思ったまま色を乗せていったので、すごく楽しかったです!

あまり考えることなく塗ったからこそいつもならこんなふうに塗らないなぁと思った部分もあったので面白かったです。

特に葉の部分でそう思いました。

背景をパステルで塗ろうかなぁと思っていたのですが今回は失敗するのが少し怖かったのでやめました。


久しぶりに塗ったのですが、上手くできたのではないかなぁと思います。


少しずつですが塗り絵をやっていきたいなぁと思います。


やっぱり今回塗り絵をして楽しかったので。

焦らず自分のペースでやっていこうと思います。

今回塗った塗り絵

f:id:rinna625:20200214175740j:plain


可愛く塗れて良かったです!



スクラッチアート2枚目完成!/難しいけど楽しい!/無心になれる。

クラッチアートを完成させることができました。


なので今回は、スクラッチアートを完成させて感じたこと、面白かったことを書いていきます。



線をなぞって削る

f:id:rinna625:20200204172723j:plain

まずは、線の通りに削っていくのが意外と難しかったです。

このスクラッチアートは小さくて

始めたばかりの私にはそんなに時間をかけずにもできるので、

その点は良いのですが


サイズが小さいので書いてある絵柄も小さいので削るのが大変でした。


針の部分で削りました。


f:id:rinna625:20200205212317j:plain


スルスルと綺麗に削れませんでした。
私が力入れすぎなのかもしれませんが(笑)



面を削ってオリジナルなスクラッチアートに

線を削り終わったら自分が削りたい部分を削ってオリジナルなスクラッチアートにする(笑)



f:id:rinna625:20200205212331j:plain

面を削るときは↑こちらの太いほうで削ります。

こっちのほうが広い面を早く削れるからです。

こっちのほうがスルスルと削れて楽しかったです。

太いほうで削るほうが私は好きです。




f:id:rinna625:20200204172731j:plain

↑そうやって出来上がったのがこちらです。



クラッチアートを完成させてみて

細かい絵柄があって難しいなぁと感じたけど集中してできて、

<集中してるので他の余計なことを考えずスクラッチアートのことだけを考えてできるので

気分転換にもなると思います。

自分で削るところを考えてオリジナルになるのが本当に楽しかったです!


まだ3つしか削れてないので、下手なのですが

これから楽しみながら上手くなりたいなぁと思います。

写真の撮り方も上手くなりたいです。。

パズル塗り絵完成!/ 楽しくて達成感があり、集中力を高める。

今回は、パズル塗り絵が完成したので完成した時の気持ちとパズル塗り絵の面白さを書こうと思います。

目 次

rinna625.hatenablog.com


rinna625.hatenablog.com

↑今回はこの記事の続きです。



初めてパズル塗り絵完成!

6番、7番、8番を塗りました。


今回使った色鉛筆はトンボ色鉛筆です。




f:id:rinna625:20200130192019j:plain


6番は きみどり色を使って塗りました。

6番は、塗る部分は多くないけどまとまっているので塗りやすかったです。

まとまってると塗り残しがないので楽でした。




f:id:rinna625:20200130192031j:plain


7番は ふじむらさきを使いました。

7番も塗る部分が多くなくて塗りやすかったです。

やまぶきいろ と ふじむらさきの組み合わせが意外にも合うなぁと思いました。

今回は私がお気に入りなのは 目の部分です。


1番大変で1番楽しかったところ


f:id:rinna625:20200130192038j:plain


8番は ももいろ で塗りました。

8番は5番に比べれば塗る範囲は多くないかなぁっと思いますが、

塗る部分がまとまってなくて、散らばっているので塗り残しが出やすいので慎重に塗っていきました。

なので時間がかかって大変でした。


だけど、これで完成するという思いもあってすごく楽しかったです。



パズル塗り絵を1番完成させて思ったこと


今回、初めてパズル塗り絵を完成させることができました。


細かくて大変だなぁと思うところもありましたが、すごく楽しかったです!

色が指定されているのでなにも考えず塗れるところが良かったなぁと思いました。



塗り絵は自分で色を考えて塗るので楽しい部分もありますが、

何色を塗ったらいいか分からなくなるときもあるので

そんなときにパズル塗り絵をするといいかなぁと思います。




塗り絵とパズル塗り絵を使い分けて楽しんでいきたいと思います。


<小説> 「風に立つライオン」さだまさし 人が1番大切にするべきなのは「心」

目 次




今回は、さだまさしさんの「風に立つライオン」を読んだので感想を書いていきます。

私は、さだまさしさんは知っていたのですが、小説を読むのは初めてです。

この「風に立つライオン」は大沢たかおさんが主演で映画化されています。

すごく大切な心に残る1冊になりました。


f:id:rinna625:20200125053355j:plain

私、映画は怖そうだなぁって思って途中で辞めちゃって最後までみてないんですけど、小説を読み終わった今すごく後悔してます。



映像をみるのと

小説を読むのでは

また全然、印象が違いました。



私の場合は最初、話に入っていくのがちょっと大変でした。

中盤になるとスラスラ読めてすごく良かったです!



この本は決して明るい話ではないけど、読んだら元気、勇気を貰える本だと思いました。


1番印象に残った言葉

f:id:rinna625:20200125215144p:plain

物語のなかで、たくさん良い言葉があります。



その中でも1番印象に残った言葉は

ガンバレという言葉は人に向かって言う言葉ではない。なぜなら人は誰でも頑張って生きているのだからその人に「もっとガンバレ」などと他人が言うべきことではない。

それでは誰に贈るのかと聞いたら、航一郎は「自分自身にだ」と答えた。

この言葉です。

私自身、「頑張れ」と言われるのがあまり好きではないので印象に残った言葉でした。

この言葉以外にも良い言葉が沢山あるのでぜひ読んでみてください。


1番大切なのは、心、希望を持つこと


f:id:rinna625:20200126003324p:plain


この話は、紛争地域で日本の医師が命と心を時間をかけながら、悩みながら、戸惑いながらも救っていった話。

平和な日本では信じられないほど残酷なことが紛争地域では起きてた。

子供兵と言われている日本でいうと小学生くらいの子供たちが銃を持ち、撃ったり、亡くなったり怪我をしている。


そんな子供たちは怪我も大変なことだが、それ以上に心が壊れかけていた。



航一郎の口癖は「ダイジョウブ」。大変なことを頼まれても「ダイジョウブ」。無理なことを言われても「ダイジョウブ」。


なぜなのかと聞くと「無理」と答えてしまったらそこで終わってしまうから。
可能性はあるから「ダイジョウブ」と答えると。


そんな航一郎にンドゥンクは憧れるようになり…。



月日は流れ、ンドゥングも大人になり、日本で震災がおきました。


そんな中、避難所の中で笑いが絶えない、避難所の中では一番幸せではないかと後から思い出しても思える避難所がありました。


その避難所では、子供も大人も同じ対等な立場で自分にできることを率先してやっていき、

そのなかで木場さんという人が航一郎とそっくりでなんでも安請け合いをしてしまうのですがなんとかしてしまう頼りになる人でした。

つらい出来事があっても笑い声が絶えない避難所になったのは木場さんのおかげなのかなぁって思いました。

こういういざという時頼りになる人ってかっこいいですよね!

(医師が患者から奪ってはいけない最も大切なものはな、命じゃないんだよ。希望なんだ」


これは航一郎が言っていた言葉で木場さんにも通じるものがあって、大変なときだからこそ、ダイジョウブとか、なんとかするって言ってもらえるだけで安心できるし、そういうのが1番大切なのではないのかなって思いました。

私も読んでいるときにすごく安心できたし、もし解決できなくても一生懸命頑張ってくれたって事実は本当なのでちゃんと説明すれば分かってもらえることがおおいのかなって思いました。



繋がり・出会いって大切!

f:id:rinna625:20200126103952p:plain

今回、この話を読み終わった後に感じたことは繋がり・出会いは大切だなぁと感じました。


ンドゥングは航一郎に会わなければ亡くなっていたかもしれないし医師に憧れることはなかったと思うから、また人生が全然違うと思うし

だから出会い・きっかけは大切だと思います!




そして日本にも小学生の「あつお」と呼ばれていた男の子もかつてのンドゥングみたいに言葉も発しない。

心が震災によって疲れていたのでした。

その時のンドゥングの対応がすごく良くて感動しました!


この本はつらいなぁって思う部分と感動できる部分があって本当に読んで良かったと思います。

大切な1冊になりました!