橋本りんな ブログ

塗り絵、読書、日々の出来事で思ったことや感じたことを自分の言葉で発信します。

<塗り絵> ポストカード塗り絵 心ときめく四季ワルツ

今回は、初めてポストカード塗り絵を購入し、1つ目の作品が完成したので紹介していきます。

ポストカード塗り絵本

f:id:rinna625:20181113134406j:plain

このポストカード塗り絵は、私が好きな「森が奏でるラプソディー」と同じ、
江種鹿乃子さんの塗り絵で「心ときめく四季のワルツ」です。


私は今までポストカード塗り絵を持っていなくて、今回の塗り絵本が初めてです。

どの絵も可愛いので買って良かったです!

rinna625.hatenablog.com


完成品

f:id:rinna625:20181113134351j:plain

今回塗ったのはこの絵です。

最近はあまり塗り絵をする時間を作れなくて、塗り絵をしたのも久しぶりだったのですが、花を塗るのが本当に久しぶりで悩みながら塗りましたが、すごく楽しかったです(⌒∇⌒)


使用した色鉛筆

使った色鉛筆は

主にトンボ色鉛筆で、茎の部分は色辞典を使いました。

リボンの部分は、トンボ色鉛筆の

ももいろ
だいだいいろ
あか
       を重ね塗りしました。


塗り絵の中で重ね塗りが一番楽しくて、好きです!


重ね塗りすると、単色で塗るより深みや面白さが出るので塗り絵の幅が広がるかなって思います。


ポストカード塗り絵を塗ってみて

ポストカード塗り絵を初めて塗ってみましたが、サイズが小さいので気軽に塗りやすいし、時間もあまりかからないので少しの時間でストレス解消したいひとや、塗り絵を少しの時間でやりたい人におすすめだと思います。


塗り絵について

小さいので少し試してみたいことができたときや、グラデーション少しやってみたいときにいいかなって思いました。


今回も楽しかったです!

1つのことに集中できて他のことを考えなくてもいいので、とてもいい気分転換になると思います。


<読書> 森下典子 日日是好日 を読んで

今回は、森下典子さんの「日日是好日」を読んだので感想を書いていこうと思います。

目 次

きっかけ

私が、この本を読もうと思ったきっかけは、この本が映画化されて、黒木華さん、樹木希林さんが出演されているから
 という理由と

帯の言葉の

毎日がよい日。雨の日は、雨を聴くこと。いま、この時を生きる歓び_。

という言葉と

会いたいと思ったら、会わなければいけない。好きな人がいたら好きだと言わなければいけない。花が咲いたら、祝おう。恋をしたら、溺れよう。嬉しかったら、分かち合おう。

幸せな時は、

その幸せを抱きしめて、百パーセントかみしめる。

それがたぶん人間にできる、あらんかぎりのことなのだ。


という言葉が魅力的だったので読んでみたいと思いました。


帯は大切なんだなぁと改めて思いました!

f:id:rinna625:20181102012322j:plain


感想

私は「お茶」は、したことはないのですが、この本を読むと分かりやすく書いてあって読みやすいので「お茶」をしたことのない人でも楽しめると思います。


この本は「お茶」というものを知れるだけではなく、「お茶」を通して四季の移り変わりを、時の流れをゆっくりと味わうことができて、雨の音の違いに気づくシーンは、読んでいて感動しましたし、日本に四季があって良かったなって思えました。


「お茶」と言えばセットで登場する和菓子が本当に美味しそうでした!


私は普段、洋菓子のほうが好きなのですが和菓子を食べてみたい!とおもうほど奥が深くて可愛いものが多かったです。

出会えてよかった!

この本の中には色々と印象に残る文章があるけど、

私はこの言葉が一番、印象的でした。

過去や未来を思う限り、安心して生きることはできない。道は一つしかない。今を味わうことだ。

不安はたくさんあるけど、今を大切にすればいいっていうメッセージがこの本が一番伝えたかったことだと思いました。


仕事や人間関係に悩んでいることが多い現代だからこそ響くことがたくさんあると思うのでぜひ読んでほしいです。


私はこの本に出会えて良かったと思います!





<ドラマ> 僕とシッポと神楽坂 3話 感想 (ネタバレ)

今回は、10月26日の「僕とシッポと神楽坂」を観たので感想を書いていこうと思います。


目 次

出演者

主演 相葉雅紀
   広末涼子
   趣里
   矢村央希(子役)

内容

今回は、町内会に出席した達也先生(相葉雅紀)は、徳丸先生がいたころから病院に来ている愛猫・カナメの飼い主の千津と会います。

たまにはカナメを見せにきてと話しました。



ある日、突然何の連絡もなしに徳丸先生がきて、なにも知らないトキワ(広末涼子)が泥棒と勘違い、その光景が凄いことに!?


達也先生が誤解を解き、徳丸が昔、南米に行ったことがあると聞くと、トキワは7年前に行方不明になった夫に思いを馳せ…。



ちょっとしたきっかけでトキワも千津と出会い、「愛猫のカナメを残して逝くことになるかもしれない。」と不安な心中を知り、達也先生に話すと、神楽坂で動物を飼うお年寄りの往診をしたらどうかという提案を。

それを聞いていた徳丸も安心してました。


感想

今回も泣ける話でしたが、今までの涙とは違う感じの話でした。


動物は可愛いから癒されるし、一緒にいるとすごく楽しいので飼っている人が多いと思いますが、高齢だった場合、病気を患っている人の場合は、''動物を残して逝くことになるかもしれない’’という不安があると思います。


そんな時に、代わりに飼ってくれる人を探しておくとかもありますが、なかなか難しいと思うので、

徳丸さんが提案した、飼い主が亡くなった場合も最後までお世話してくれる施設があればいいのになって思いました。


代わりに飼ってくれる人を探すのはやっぱり大変だと思うので動物保護センターとは違う施設ができるといいなって思いました。


今回は、特に考えさせられる話だったと思います。


次回も楽しみです!


f:id:rinna625:20181027104536j:plain

<ドラマ> 僕とシッポと神楽坂 2話 感想 (ネタバレ)

今回は、10月19日の「僕とシッポと神楽坂」の2話を観たので感想を書いていこうと思います。


目 次

出演者

主演 相葉雅紀
   広末涼子
   趣里
   矢村央希(子役)

内容&感想

今回は、1話より感動する話でした。



達也先生(相葉雅紀)は、症状発表会に出席し、「ナルタウン動物病院」の獣医師・田代と獣医大の学生・堀川と出会います。

達也先生は、症状発表会で「ペットと飼い主の心の治療と在宅ケア」について講演しました。

その公演を熱心に聞いている少女・香子は、愛犬のジュリが骨肉腫を患っており、田代の動物病院「ナルタウン動物病院」で治療を受けていましたがこのまま投薬をしても転移の可能性がないわけではないと言われ、断脚手術を勧めます。

だけど母親が断ったが、香子はジュリの苦しそうな姿をみて「坂の上の動物病院」の講演を思い出し、田代の目を盗み、「坂の上の動物病院」に連れて行ってしまいます。


動物の気持ちを考えて

足がなくなってしまうのは悲しいけど、ジュリの苦しさを考えてみると痛みを取ってあげたほうがいいと考えた香子は偉いなって思いました。

私も犬を飼っているので、感情移入しながら観ていました。

足がなくなる悲しさより、痛みを取ってあげるという決断はすごく苦しいしつらかっただろうなって思いながら観ていましたが、ジュリが補助器具を使いながら、また楽しそうに歩いている姿をみると嬉しかったです!


ジュリはあまり苦しまず、幸せそうな顔で亡くなりましたが、残された家族のケアも達也先生は忘れませんでした。

虹の橋の話は、すごく良かったと思います。

そこで私は泣いてしまいました。

悲しい涙ではなく温かい気持ちになれる涙です。

達也先生の話し方は優しく包みこんでくれるような感じで安心します。

トキワさんとすず芽ちゃん

このドラマは、感動や温かさだけではなく、笑える面白さがあるのもいいなって思います。

トキワさん(広末涼子)とすず芽ちゃん(趣里)の掛け合いがすごく面白くて可愛いので楽しみにしています。

動物をみて癒されて涙もあり、面白く、笑いもあるのですごく楽しみです。



次回も観たいと思います!


f:id:rinna625:20181021053508j:plain

こちらの記事もどうぞ

rinna625.hatenablog.com

rinna625.hatenablog.com

<2018世界バレー> 日本6位 お疲れ様でした。 ありがとう!

今回は、2018世界バレーの5位決定戦に回った、日本vsアメリカ戦を観たので感想を書いていこうと思います。


目 次

3次ラウンドの感想

まずは、3次ラウンドのセルビア戦とイタリア戦を観たのに記事にしてなかったので軽く感想を書いていこうと思います。

セルビア


3-0のストレート負けでした。

2次ラウンドの時にも勝っていたので、油断はできないけど勝てるかなって思っていましたが、2次ラウンドの時のセルビアとは違ってすごく拾って力強いので今回はストレート負けしてしまいました。

イタリア戦

今回の大会で全勝で、対戦相手に1セットしか取らせずにきたので、日本が負けてしまったけど、フルセットまでいけたのはよかったかなって思いました。
5セット目は、本当に惜しい形で負けてしまったので勝てない相手ではなかったなって思いました。


3次ラウンドは本当に惜しい試合で、あとちょっとのところで次の段階にまでいけたと思うのでこれから頑張ってほしいと思います。


アメリカ戦

10月19日の5位決定戦のアメリカ戦での感想を書いていこうと思います。

結果は
3-1で負けてしまいました。


なので今大会は6位で終わりました。

スタメン

黒後 新鍋 奥村
荒木 田代 古賀
L井上


今回も黒後選手は1セットの中盤で石井選手に変わりました。


1セット目は相手のアタックがすごく早い力強いのもあって最初は苦戦しましたが、少しずつ慣れてきて23-25まで詰め寄りました。

2セットも接戦になるのかなって思いましたが、2セット目は、相手のミスで点数を取っている感じで流れが悪くなって16-25でした。

このままストレート負けになってしまうのかなって思っていましたが、日本がやろうとしている拾って繋いでの粘りのバレーがみてすごくおもしろかったです。25-23で1セット取りました。


4セット目もすごく繋いで面白いバレーを観れましたが、大切な場面でちょっとしたミスをしてしまい負けてしまいました。

この試合も勝てない試合ではなかったので勝ってほしかったなって思いました。

オリンピックまであと2年あるのでもっと強くなってほしいです。



15日に放送していた「プロフェショナル仕事の流儀」で中田監督の特集をやっていて中田監督の思いを知れて良かったです!

f:id:rinna625:20181001054658j:plain

<読書> 川口俊和 コーヒが冷めないうちに

今回は、川口俊和さんの「コーヒーが冷めないうちに」を読んだので感想を書いていこうと思います。

目 次

きっかけ

この本を読もうと思ったきっかけは、映画化です。



この物語は、過去に戻れるけど、戻ってもどんなに努力しても現実は変わらない。

他にも色々ルールはあるけど、私は過去に戻っても現実が変わらないならつらい思いを2回するだけなのになんでだろうと思ったので、あまり読む気になれませんでした。

だけど、映画化することが決まってテレビで「コーヒーが冷めないうちに」の特集をやっていて、キャストの皆さんが撮影の時の秘話を話していて、有村架純さん、波留さん、吉田羊さん、石田ゆり子さんなどが出演していてました。

その中でも、石田ゆり子さんが演じている役が、過去に戻れると言われている喫茶店に、いつも居て本を本を読んでいる役と言っていて、どのシーンにも少し映っていると言っていてすごく気になりました。


本を読むと序盤のほうに正体が書いてあって話を聞いた後に読んで良かったなって思いました。

本を読んだ後に話を聞いたら少しつまらなかったかなって思います。

感想

この物語を今まで読むことを迷っていたことを少し後悔しています。

はやく読みたかったです。


この物語は4つの物語で、それぞれとても良い物語なのですが私は「姉妹」、「親子」が好きです!

「姉妹」では、妹の心の優しさと姉と一緒に働くのが夢ということ知って、姉が今までことを後悔し、もう一度新しい人生を歩むことを決めるところが良かったなって思いました。

やっぱり、思い込みは良くないなって思いました。

姉妹でも考え方は違うし、ちゃんと話を聞かないとすれ違いを起こしてしまい、お互いにつらい思いをするだけだなって改めて思いました。


「親子」では、親なら子供に言われたら誰だって嬉しいと感じるはずの「私を産んでくれてありがとう」
って言葉で救われる人もいると思います。


出産はしたいと思ってもなかなか難しいなって感じている人もいると思うし、健康な人でも大変な思いをして出産すると思うので、この言葉は救われる人が多いのかなって感じました。


この4つ物語は誰でも少しは共感できる部分があると思うので救われたり心が軽くなったりすると思います。

この物語を読むと当たり前だと思っている日常を大切にしよう。
後悔しないように過ごそう。
と思わせてくれる物語だと思います。


読んで良かったです。

続編もあるので読んでみようと思っています。


f:id:rinna625:20181017040828j:plain


<ドラマ> 僕とシッポと神楽坂 1話 感想 

今回は、10月12日から始まったドラマ「僕とシッポと神楽坂」の1話を観たので感想を書いていこうと思います。


 目 次

出演者

主演 相葉雅紀
   広末涼子
   趣里
   矢村央希(子役)

きっかけ

このドラマを観ようとおもったきっかけは、私が動物が好きだから観てみたいなって思ったのと出演者の中に趣里さんがいたからです。

ドラマ「ブラックペアン」を観て、初めて知ってそこから好きになりました。

rinna625.hatenablog.com


内容&感想


主人公の高円寺達也先生(相葉雅紀)は、言葉を話せない犬、猫たちを愛情を込めて「シッポ」と呼んでいる。動物たちに心から寄り添う才能と今までの経験を活かし、神楽坂に「坂の上の動物病院」を開業します。

高円寺先生の母親から三味線の稽古をしてもらうために家に出入りしているすず芽(趣里)は幼いころから、達也に思いを寄せており、真っ直ぐすぎる気持ちをぶつけまくっています。



大地くん(矢村央希)という男の子は、犬が車に轢かれて泣いていたころを高円寺先生が通りかかり、犬を助けてくれたことをきっかけに「坂の上の動物病院」で動物たちの面倒をみるようになります。

トキワという女性は、大地くんの母親で高円寺先生の手術を見ていて「坂の上の動物病院」で働くようになりました。


「坂の上の動物病院」には、看板犬、ダイキチ、地域猫のオギなどがいて動物たちを観ているだけでホッコリするし、動物たちを通しての感動もあるので、金曜日の夜に観るにはいいんじゃないかなって思います。


笑えるところもあるので感動したり笑ったりで癒しの時間にもなるとおもいます。

放送時間が11時15分なので少し遅めですが。。



趣里さんが、「ブラックペアン」のクールっぽい女性とは違って、今回は面白いかわいい役なので観るのが楽しみです!


次回も観たいと思います。

f:id:rinna625:20181013093725j:plain